何から手を付けたらいいかわからない…初めての遺品整理のやり方

遺品整理とは、生前故人が使用していた日用品や衣類などの生活用品を整理しながら手放していくことをいいます。しかし遺品整理をするのは初めてでやり方がよくわからないという方が多いのではないでしょうか。整理の際には形見分けの品も仕分けしなければならないので、余計に難しくなっています。今回は遺品整理が初めてで何から手を付けたらいいのかわからないと感じている方に向けて、やり方や手順などを紹介していきます。遺品を残すか捨てるかの判断基準や遺品整理を行う際の注意点、遺品整理業者に依頼する場合の選び方のポイントなども併せて紹介しますので、参考にしてみて下さい。

遺品整理を行う最適な時期とは

親や親せきなど身近な親族が亡くなった場合、基本的に残された家族が個人の遺品整理を行わなければなりません。しかし遺品整理を行う時期がいつなのか知らない方が多いのではないでしょうか。実は遺品整理を行う最適な時期は、故人と一緒に暮らしていたケースと故人が一人で暮らしていたケースではそれぞれ異なります。
故人と一緒に暮らしていた場合は、特に急ぐことはありません。葬儀が終わって気持ちの整理がついた後でゆっくり行うようにしましょう。ただし、相続税の対象になるようなものは、期限である10ヶ月以内に整理する必要があります。相続税がかからないようなものは、特に期限がないので故人を思い出しながらじっくり整理をすることがポイントになります。
故人が賃貸などで一人暮らしをしていたケースでは、故人が亡くなったとしても解約しない限りは家賃が発生してしまうので、賃貸契約を終了させる必要があります。したがって賃貸契約終了の日までに遺品整理を行わなければなりません。使っていた家財道具も処分しなければならないので、人手も必要です。ものが少なければ比較的スムーズに遺品整理することができますが、ものが大量にある場合は部屋の明け渡しまでに整理するのが難しいかもしれないので、業者に頼むのも一つの手です。

遺品を残すか捨てるかの判断基準とは

故人が使用していたものを形見分けする時は、親族が集まる四十九日までに行うようにしましょう。遺言があればその遺言にしたがって形見分けを行い、遺言がなければ故人との関係の深さから判断することが大切です。したがって遺品整理をする時は、捨てる、残す、形見分けするの3つに分類するのがポイントになります。
遺品整理を進めていくと、捨てるか残すかの判断基準が難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。まず残すものの判断基準として挙げられるのは、貴重品と思い出深い品であるかどうかです。貴重品は後で親族とのトラブルにならないように、しっかりと保存しておきましょう。貴重品とは高価な腕時計や宝石、骨とう品や美術品などです。写真やビデオなどの思いで深い品を残しておくことも大切です。故人が描いたものなども残しておくのがいいでしょう。
反対に捨てた方がいいものは、日用品や趣味の道具などです。故人が普段使っていたものなので、捨てるのは忍びないと考えてしまいがちですが、道具は使わないでしまっておくだけではかわいそうです。故人が日常的に着ていた衣類や趣味の道具で形見分けできないものは、思い切って処分することが大切です。

遺品整理の注意点と業者の選び方

遺品整理を行う時の注意点は、遺言書の有無を確認し親族にきちんと連絡をすることです。遺言書は生前、家族にあることを伝える前に亡くなってしまったというケースもあるので、親族や日記などを確認して遺言者があるかどうかを調べることがポイントになります。もし遺品を整理している時に遺言書を発見した場合は絶対に封を開けてはいけません。家庭裁判所に持ち込んで、相続立会人と一緒に開封することになります。
遺品整理のやり方はわかったけど、それを行う時間がないというのであれば、遺品整理業者に依頼するのもおすすめです。業者に依頼する場合は誠実で丁寧なやり方で遺品整理してくれるところを選ぶようにしましょう。
まず業者選びのポイントとなるのが、きちんと見積もりをしてくれるどうかです。できれば無料で出張見積りを行ってくれる業者を選び、料金や仕事内容を明確に提示してもらえるところを選ぶようにしましょう。また遺品整理のキャリアが長い業者を選ぶのもポイントの一つです。遺品整理のキャリアが長い業者であれば、遺品を丁寧に扱ってくれるので安心です。支払いは後払いかどうかもポイントになります。すべての仕事が終わった後に支払うシステムの業者を選ぶことが大切です。

まとめ

遺品整理のやり方や手順を知ることができたでしょうか。遺品の整理を行うのには、最適な時期があるのでそれをしっかり確認することが大切です。また遺品を残すか捨てるか、形見分けをするかは、遺言書や親族などの意見を取り入れなければならないので慎重に行うことがポイントになります。ただし日用品などは処分してしまっても構いません。もし遺品整理をする体力や時間がないのであれば遺品整理専門の業者に頼むようにしましょう。業者選びのポイントは、見積りをしっかり行ってキャリアが長く、後払いのシステムを取っているところです。

PRサイト
千葉で遺品整理や生前整理ならご相談下さい
遺品整理士、特殊清掃員が真心こめて作業いたします