自力で遺品整理を始めるときのやり方と専門業者に依頼するべきタイミング

自力で遺品整理をするやり方

故人があらかじめまとめていない状態だと、自力での遺品整理は手間が増えやすいです。基本的なやり方は全てを片っ端から確認していくものです。その中でまずは、早目の手続きを済ませておくべきものを分けておきましょう。口座やクレジットカードなどは、時間が経過すると手続きが複雑になってしまう場合があります。期限が近いものが見つかれば、一度遺品整理の手を止めて、そちらを優先した方が良いです。
その後は必要なものと不必要なものに分別していくやり方です。遺品整理をしていくと思い入れがあって捨てづらいものも多く出てきますが、全てを残しておくことはできません。そのため絶対に捨てられないものと、確実にいらないもので絞り込んでいくと良いでしょう。
その分別をスムーズに進めるために、大きめのダンボール箱を用意しておくと良いです。ゴミでない限り、袋よりしっかりした箱の方が後々確認しやすいです。複数人で遺品整理をするやり方だと、人数分用意すればそれぞれが必要なもので分けられます。

専門業者に依頼するタイミング

もし遺品整理を専門業者に依頼することを考えているのであれば、最初から任せておいた方が良いです。いくつかもの現場を担当してきたのであれば、大まかな流れが出来上がっているはずなので、スムーズに進められるはずです。料金も作業内容ではなく、作業をするスペースの大きさで決められていることが多いので、どのタイミングで依頼しても差が出にくいです。
専門業者の数は非常に多く、作業や対応の質にも大きな幅があります。そのため依頼する前から、優良だとわかることを前提条件にして探しましょう。そうすると貴重なものがあっても安心して任せられます。
ただ専門業者への依頼は、遺品に関する権利を持った人全員の承諾を得てからにしましょう。依頼者と専門業者だけで必要と不必要を決めて処分してしまうと、後々のトラブルに発展する怖れがあるからです。可能であれば、一度権利者全員に遺品を確認してもらうことが望ましいです。

まとめ

遺品整理はものが少なければそこまで負担ではありませんが、多くなればなるほど大変になります。そのため最初の段階から専門業者への依頼を念頭において、自分たちのやり方でできるかどうかを判断しましょう。特に作業をする人数が少なければ、長い時間をかけていく内に疲れてしまう可能性が高いです。その精神面のサポートをしてくれるという意味でも、専門業者にはメリットがあります。なるべく引きずらずに済むというのも利点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です