遺品整理士に任せる遺品整理のやり方とおすすめポイント

遺品整理を依頼する時の流れ

夫や妻を亡くして遺品整理を行うのがつらかったり、親の遺品整理をしたいものの膨大な量があるので何から手を付ければいいか分からないといったこともあるのではにでしょうか。そういう時には、遺品整理士に依頼したいと考えることもあります。遺品整理士に依頼するやり方としては、事前に遺品整理を行っている業者に問い合わせや相談をして見積もりをもらうところから始まります。
遺品整理を行っている業者でも遺品整理士が在籍していないこともあるので事前に確認するようにしましょう。それから遺品整理のやり方には、自分が立ち会って作業を進める方法と全て任せてしまうやり方の2種類があります。遠方などで立ち会うのが難しい場合には、事前にどういった物を残してもらいたいのか等細かく打ち合わせを行うことが重要です。不用品の買取をしてくれるのかや不用品の処分にかかる費用、清掃まで行ってくれるのか等も確認する必要があります。

遺族の心の整理をサポートしてくれる遺品整理士

遺品整理士とは、遺品整理に関して十分に理解していることを認定する民間資格です。廃棄物やリサイクル品の取り扱いも心得ていますし、故人の供養という観点からの認識も持ち合わせています。ただ不用品を回収するだけではなく、遺族にとって心の整理をつけるサポートをしてくれます。
貴重品や思い出の品などをより分けたり、処分するやり方を遺族に確認して作業を進めるといった事を行います。例えば写真などは財産的な価値は低いですが、遺族にとっては貴重な思い出ということもあります。遺品整理を実際に依頼する際には、形見分けのことや残しておきたい物を考えて事前に伝えておくことが大切です。また、遺族の間で遺品を巡って後々トラブルになることもあるので、遺品の選り分けの仕方や費用負担についても話し合っておかなければなりません。遺族が自分しかいない場合には問題ありませんが、多くの場合は複数の遺族がいます。全員が納得して遺品整理を行うことが求められます。

まとめ

遺品整理士に遺品整理を依頼する際のやり方としては、遺族同士で遺品をどうするか十分に話し合っておく必要があります。それから遺品整理を行っている業者に問い合わせや相談を行い、見積を確認して費用についてチェックした後で実際に依頼をします。自分が立ち会う場合と立ち会わずに全て任せる場合があります。貴重品や想いでの品などは遺品の中から選り分けてくれるので、事前に何を残したいのかなどを伝えておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です