どうやって情報収集する?上手な遺品整理のやり方の調べ方

遺品整理のやり方については情報収集が大切

遺品整理はうっかりやると、相続放棄ができなくなる可能性などがあり、親族間でのトラブルに発展するリスクもでてきます。そのため情報収集をしっかりと行っておくことが大切です。遺品整理と言うと何となくライトなイメージがあるかも知れませんが、実際には法的な効力を生じえるので、前もってやり方を覚えておかないと、思ってもみないトラブルに発展しかねません。
遺品整理のやり方が良くなくて、失敗する事例は相続放棄ができなくなる他に、親族間トラブルに発展するケースがあります。相続放棄に関しては、遺品整理による相続物の処分が、単純承認行為とみなされる可能性があるため、ここは要注意。故人の債務状況が良くない時には、相続放棄は大切な選択肢なので、注意しておきましょう。
親族間トラブルとしては、勝手に遺品整理したものが、相続財産だったりして損害賠償請求に発展したりします。親族間で齟齬のないように遺産分割の際にきちんと意思確認をしておくようにしたいものです。

やり方を調べていこう

上記のように何かと問題点があるため、情報収集の際にはできるだけ信憑性が高い媒体・提供元を選ぶことが大切となります。メディアでは単に「遺品整理したら相続放棄できない」などと表現することがありますが、実際にはこの限りではありません。財産価値がないものに関しては、必ずしも単純承認とみなされるわけではないので、常に相続放棄ができなくなるわけではないのです。とは言っても疑問符が付く行動をしてしまうとマイナス材料になるのは避けられません、できるだけ遺品には手を付けないほうが無難です。
ただ中にはどうしても、放置しておくと衛生上の問題があったり、近隣トラブルに発展する可能性がある場合もあります。その場合には法的に「保存行為」に該当する程度の清掃などに収まるのであれば、単純承認とは認められないと考えられます。
いずれにせよ、「単純承認」や「保存行為」に該当するかどうかも含め、相続関係の法的知識はかなり複雑で、細かいルールが少なくありません。したがって情報を集める際には、弁護士の公開しているサイトなど、信憑性が高いものを選ぶのが好ましいと思われます。

まとめ

遺品整理のやり方をどうやって調べるべきかについて、考えてきました。下手をすると何らかの法的効果が生じたり、親族間で損害賠償責任が生じるなど、トラブルになることがあるので、できるだけ信頼できる情報を選んでいきましょう。特に相続関係の専門性がある弁護士のサイトなどですと、信憑性は感じられます。
ただし法律関係の知識は膨大で、見極めもプロではないと難しいことが少なくありません。このためにある程度は情報収集をするにしても、最終的には弁護士に直接相談するほうが、安心度は高いはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です