遺品整理をするときに知っておきたい形見分けのやり方

思い出を共有して故人を供養するのが形見分け

遺品整理を行う際には、形見分けについても知っておくとスムーズに作業を進められます。遺品整理とは、故人の遺品をこれからも残す物と処分する物に分けることをいいます。貴重品や思い出深い品などはそのまま手元に置いておくこともあるでしょう。それに対して形見分けとは、故人と親しかった親族や友人などに遺品を贈ることをいいます。その遺品を通して故人との思い出を共有し、故人を供養するために行うものです。
両親や祖父母など親しい身内を亡くしたばかりで遺品整理を行うことは辛いと感じることもありますが、遺品整理をしながら故人を思い出して偲ぶことは供養にもなるのです。遺品整理のやり方には、遺族が自分で行う方法とプロの専門業者に依頼するやり方があります。遺品整理を自分で行うのが辛かったり、仕事が忙しくてなかなか時間が取れないというような時には専門業者に依頼するといいかもしれません。その際にも何を残して、何を処分するのかはっきりさせておくことが大切です。

形見分けの具体的なやり方は?

形見分けのやり方としては、まず四十九日法要が終わった後のタイミングで行います。四十九日法要が終わると忌明けとなり、故人が仏様の元へ向かうとされています。神道の場合には五十日祭を終えた後に行うことになります。
形見分けでは、故人とつながりがあった品物を選ぶのがスマートなやり方です。例えば、楽器を弾くのが趣味だったら、同じ趣味を持った仲間にその楽器を贈るといったことです。贈られた人の趣味や好みも考えて贈るようにしましょう。壊れて使えない物だったり、大きくて場所を取るような物だと邪魔になってしまうこともあります。動かなくなっている時計などは、修理やメンテナンスを行ってからお渡しするのがマナーです。アクセサリーや着物、文具なども形見分けされることが多い品物になります。
高価すぎる品物だと贈与税が発生することもあるので注意が必要です。衣服などを贈る場合には、きちんとクリーニングしてから贈るようにしましょう。

まとめ

遺品整理は、故人の遺品をそのまま残す物と処分する物に分けることをいいます。形見分けは故人と親しかった人に遺品を贈り、故人の思い出を遺品を通して共有することで故人を供養するものです。遺品整理を行う際には、誰に何を贈るのか考えながら行うとスムーズに作業が進みます。形見分けは四十九日法要を終えた後に行うのが一般的です。故人とのつながりを考えて品物を選ぶようにし、メンテナンスやクリーニングを行ってから贈るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です