注意点」カテゴリーアーカイブ

どうやって情報収集する?上手な遺品整理のやり方の調べ方

遺品整理のやり方については情報収集が大切

遺品整理はうっかりやると、相続放棄ができなくなる可能性などがあり、親族間でのトラブルに発展するリスクもでてきます。そのため情報収集をしっかりと行っておくことが大切です。遺品整理と言うと何となくライトなイメージがあるかも知れませんが、実際には法的な効力を生じえるので、前もってやり方を覚えておかないと、思ってもみないトラブルに発展しかねません。
遺品整理のやり方が良くなくて、失敗する事例は相続放棄ができなくなる他に、親族間トラブルに発展するケースがあります。相続放棄に関しては、遺品整理による相続物の処分が、単純承認行為とみなされる可能性があるため、ここは要注意。故人の債務状況が良くない時には、相続放棄は大切な選択肢なので、注意しておきましょう。
親族間トラブルとしては、勝手に遺品整理したものが、相続財産だったりして損害賠償請求に発展したりします。親族間で齟齬のないように遺産分割の際にきちんと意思確認をしておくようにしたいものです。

やり方を調べていこう

上記のように何かと問題点があるため、情報収集の際にはできるだけ信憑性が高い媒体・提供元を選ぶことが大切となります。メディアでは単に「遺品整理したら相続放棄できない」などと表現することがありますが、実際にはこの限りではありません。財産価値がないものに関しては、必ずしも単純承認とみなされるわけではないので、常に相続放棄ができなくなるわけではないのです。とは言っても疑問符が付く行動をしてしまうとマイナス材料になるのは避けられません、できるだけ遺品には手を付けないほうが無難です。
ただ中にはどうしても、放置しておくと衛生上の問題があったり、近隣トラブルに発展する可能性がある場合もあります。その場合には法的に「保存行為」に該当する程度の清掃などに収まるのであれば、単純承認とは認められないと考えられます。
いずれにせよ、「単純承認」や「保存行為」に該当するかどうかも含め、相続関係の法的知識はかなり複雑で、細かいルールが少なくありません。したがって情報を集める際には、弁護士の公開しているサイトなど、信憑性が高いものを選ぶのが好ましいと思われます。

まとめ

遺品整理のやり方をどうやって調べるべきかについて、考えてきました。下手をすると何らかの法的効果が生じたり、親族間で損害賠償責任が生じるなど、トラブルになることがあるので、できるだけ信頼できる情報を選んでいきましょう。特に相続関係の専門性がある弁護士のサイトなどですと、信憑性は感じられます。
ただし法律関係の知識は膨大で、見極めもプロではないと難しいことが少なくありません。このためにある程度は情報収集をするにしても、最終的には弁護士に直接相談するほうが、安心度は高いはずです。

自力で遺品整理を始めるときのやり方と専門業者に依頼するべきタイミング

自力で遺品整理をするやり方

故人があらかじめまとめていない状態だと、自力での遺品整理は手間が増えやすいです。基本的なやり方は全てを片っ端から確認していくものです。その中でまずは、早目の手続きを済ませておくべきものを分けておきましょう。口座やクレジットカードなどは、時間が経過すると手続きが複雑になってしまう場合があります。期限が近いものが見つかれば、一度遺品整理の手を止めて、そちらを優先した方が良いです。
その後は必要なものと不必要なものに分別していくやり方です。遺品整理をしていくと思い入れがあって捨てづらいものも多く出てきますが、全てを残しておくことはできません。そのため絶対に捨てられないものと、確実にいらないもので絞り込んでいくと良いでしょう。
その分別をスムーズに進めるために、大きめのダンボール箱を用意しておくと良いです。ゴミでない限り、袋よりしっかりした箱の方が後々確認しやすいです。複数人で遺品整理をするやり方だと、人数分用意すればそれぞれが必要なもので分けられます。

専門業者に依頼するタイミング

もし遺品整理を専門業者に依頼することを考えているのであれば、最初から任せておいた方が良いです。いくつかもの現場を担当してきたのであれば、大まかな流れが出来上がっているはずなので、スムーズに進められるはずです。料金も作業内容ではなく、作業をするスペースの大きさで決められていることが多いので、どのタイミングで依頼しても差が出にくいです。
専門業者の数は非常に多く、作業や対応の質にも大きな幅があります。そのため依頼する前から、優良だとわかることを前提条件にして探しましょう。そうすると貴重なものがあっても安心して任せられます。
ただ専門業者への依頼は、遺品に関する権利を持った人全員の承諾を得てからにしましょう。依頼者と専門業者だけで必要と不必要を決めて処分してしまうと、後々のトラブルに発展する怖れがあるからです。可能であれば、一度権利者全員に遺品を確認してもらうことが望ましいです。

まとめ

遺品整理はものが少なければそこまで負担ではありませんが、多くなればなるほど大変になります。そのため最初の段階から専門業者への依頼を念頭において、自分たちのやり方でできるかどうかを判断しましょう。特に作業をする人数が少なければ、長い時間をかけていく内に疲れてしまう可能性が高いです。その精神面のサポートをしてくれるという意味でも、専門業者にはメリットがあります。なるべく引きずらずに済むというのも利点です。

遺品整理をするときに知っておきたい形見分けのやり方

思い出を共有して故人を供養するのが形見分け

遺品整理を行う際には、形見分けについても知っておくとスムーズに作業を進められます。遺品整理とは、故人の遺品をこれからも残す物と処分する物に分けることをいいます。貴重品や思い出深い品などはそのまま手元に置いておくこともあるでしょう。それに対して形見分けとは、故人と親しかった親族や友人などに遺品を贈ることをいいます。その遺品を通して故人との思い出を共有し、故人を供養するために行うものです。
両親や祖父母など親しい身内を亡くしたばかりで遺品整理を行うことは辛いと感じることもありますが、遺品整理をしながら故人を思い出して偲ぶことは供養にもなるのです。遺品整理のやり方には、遺族が自分で行う方法とプロの専門業者に依頼するやり方があります。遺品整理を自分で行うのが辛かったり、仕事が忙しくてなかなか時間が取れないというような時には専門業者に依頼するといいかもしれません。その際にも何を残して、何を処分するのかはっきりさせておくことが大切です。

形見分けの具体的なやり方は?

形見分けのやり方としては、まず四十九日法要が終わった後のタイミングで行います。四十九日法要が終わると忌明けとなり、故人が仏様の元へ向かうとされています。神道の場合には五十日祭を終えた後に行うことになります。
形見分けでは、故人とつながりがあった品物を選ぶのがスマートなやり方です。例えば、楽器を弾くのが趣味だったら、同じ趣味を持った仲間にその楽器を贈るといったことです。贈られた人の趣味や好みも考えて贈るようにしましょう。壊れて使えない物だったり、大きくて場所を取るような物だと邪魔になってしまうこともあります。動かなくなっている時計などは、修理やメンテナンスを行ってからお渡しするのがマナーです。アクセサリーや着物、文具なども形見分けされることが多い品物になります。
高価すぎる品物だと贈与税が発生することもあるので注意が必要です。衣服などを贈る場合には、きちんとクリーニングしてから贈るようにしましょう。

まとめ

遺品整理は、故人の遺品をそのまま残す物と処分する物に分けることをいいます。形見分けは故人と親しかった人に遺品を贈り、故人の思い出を遺品を通して共有することで故人を供養するものです。遺品整理を行う際には、誰に何を贈るのか考えながら行うとスムーズに作業が進みます。形見分けは四十九日法要を終えた後に行うのが一般的です。故人とのつながりを考えて品物を選ぶようにし、メンテナンスやクリーニングを行ってから贈るようにしましょう。

遺品整理士に任せる遺品整理のやり方とおすすめポイント

遺品整理を依頼する時の流れ

夫や妻を亡くして遺品整理を行うのがつらかったり、親の遺品整理をしたいものの膨大な量があるので何から手を付ければいいか分からないといったこともあるのではにでしょうか。そういう時には、遺品整理士に依頼したいと考えることもあります。遺品整理士に依頼するやり方としては、事前に遺品整理を行っている業者に問い合わせや相談をして見積もりをもらうところから始まります。
遺品整理を行っている業者でも遺品整理士が在籍していないこともあるので事前に確認するようにしましょう。それから遺品整理のやり方には、自分が立ち会って作業を進める方法と全て任せてしまうやり方の2種類があります。遠方などで立ち会うのが難しい場合には、事前にどういった物を残してもらいたいのか等細かく打ち合わせを行うことが重要です。不用品の買取をしてくれるのかや不用品の処分にかかる費用、清掃まで行ってくれるのか等も確認する必要があります。

遺族の心の整理をサポートしてくれる遺品整理士

遺品整理士とは、遺品整理に関して十分に理解していることを認定する民間資格です。廃棄物やリサイクル品の取り扱いも心得ていますし、故人の供養という観点からの認識も持ち合わせています。ただ不用品を回収するだけではなく、遺族にとって心の整理をつけるサポートをしてくれます。
貴重品や思い出の品などをより分けたり、処分するやり方を遺族に確認して作業を進めるといった事を行います。例えば写真などは財産的な価値は低いですが、遺族にとっては貴重な思い出ということもあります。遺品整理を実際に依頼する際には、形見分けのことや残しておきたい物を考えて事前に伝えておくことが大切です。また、遺族の間で遺品を巡って後々トラブルになることもあるので、遺品の選り分けの仕方や費用負担についても話し合っておかなければなりません。遺族が自分しかいない場合には問題ありませんが、多くの場合は複数の遺族がいます。全員が納得して遺品整理を行うことが求められます。

まとめ

遺品整理士に遺品整理を依頼する際のやり方としては、遺族同士で遺品をどうするか十分に話し合っておく必要があります。それから遺品整理を行っている業者に問い合わせや相談を行い、見積を確認して費用についてチェックした後で実際に依頼をします。自分が立ち会う場合と立ち会わずに全て任せる場合があります。貴重品や想いでの品などは遺品の中から選り分けてくれるので、事前に何を残したいのかなどを伝えておくようにしましょう。