企業の看板のメールアドレスがフリーメールだと

なににつけても適材適所ということはとても重要です。
フリーメールは、費用が掛からず手軽に使えて便利です。
もちろん、企業でも利用することができます。
しかし、お手軽感があるので、いつでもやめることができる、
変更できると言うような印象をもたれがちです。
したがって、企業の看板であるメールアドレスがフリーメールであると、
その企業までいい加減じゃないかという印象を与えるのです。
ビジネスは継続して大きく発展していくと言うことがビジョンであり、
いつでも辞めることができるお手軽さがあるフリーメールとはマッチしません。
容易に変更することが望ましくない企業の看板メールアドレスが
フリーメールだと、セキュリティ的にも問題です。
フリーメール活用法としては、個人が連絡用として利用することが基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です